ゲームは立派に趣味といえると思います。ゲーム=何か悪いものという構図を変えてもいいほどに。

進化し続けるゲームがとにかく凄い!
進化し続けるゲームがとにかく凄い!

ゲームが趣味な人たち

進化し続けるゲームがとにかく凄い!
「趣味はゲームです」なんていうと、「ああ、この人、趣味ないんだ」と思われてしまいます。
そうでなくても、あまりいい印象を与えることが出来ません。それは、ゲームに対するネガティブキャンペーンがそうさせているのです。

聞いたことがあるはずです、「ゲームは目に悪い」、とか、「ゲームは頭によくない」、とか、そういうことを。実は、これらはすべて勝手なイメージに過ぎません。ゲームが目を悪くさせているわけではありません。きっちりと休憩を挟み、姿勢をよくすれば、ゲームはそれほど目に悪いわけではありません。テレビを見ているのと同じです。

ゲームをすれば目が悪くなるというなら、テレビを見ても同じことを言わなければなりません。それに、人間の目はそれほどやわではありません。ゲームが頭に悪影響を及ぼしているわけではありません。ゲームをしながら勉強できるソフトもありますし、ゲームのほうが集中して楽しく学ぶことが出来ます。
これは大学の教授が証明しています。

ゲームといえば、何か聞こえが悪い、というのは、それらに対する「あまりよくないもの」というネガティブキャンペーンがあるからです。

ゲームは楽しくてついつい時間を忘れてしまう、ということがあります。
確かに勉強もしないでずっとゲームしている子供もいるかもしれません。
でも逆に考えれば、それほど集中しているということです。

楽しいことをしているときの集中力はすさまじいのです。

だから、ゲームにも集中できないことのほうが、少し危ないかもしれません。

おすすめ情報

Copyright (C)2017進化し続けるゲームがとにかく凄い!.All rights reserved.